Skip to content

おせち料理の基本的な豆知識

食卓を飾る豪華なおせち料理は、お正月に欠かせないものです。

綺麗に配置される一品一品のお料理には実は意味があるのですが、全ては知らないという人は多いのではないでしょうか。そこで、おせち料理に関する基本的な豆知識をご紹介します。おせち料理は重箱に重ねられて各段に入っています。重箱は、めでたさを重ねるという意味合いがあります。

四段重ねが一般的ですが、三段重ねも今は増えています。一番上の段の一の重は祝い肴と口取りのお料理が並びます。数の子は卵の数の多さから子孫繁栄の願いが込められ、黒豆は邪気払いやマメに勤勉に働くことを意味します。紅白かまぼこは、赤が魔除けで白が清浄とされています。

ニの重は海の幸を入れた焼き物を詰めていきます。出世魚のぶりは出世の願いの意味があり、鯛は新年のハレの日にふさわしいめでたい魚として親しまれています。海老は長いひげと腰が曲がるほど長生きするという意味があり、長寿を願う一品です。

三の重には煮物が入り、穴のあいたレンコンは将来を見通せるようにと願いが込められます。里芋やくわい、八つ頭は子孫繁栄の意味を持ちます。ごぼうは根深く、代々幸せが続くことを願います。

四段目は与の重と置き換えられ、日持ちをする酢の物のお料理を並べていきます。紅白なますは平安や平和をつかさどるお料理で、小肌栗漬けは将来の出世を願う一品になります。このように、おせち料理には様々な願いが込められており、それをお子さんに伝えてあげるのも良いことです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です