Skip to content

おせち料理の変遷について

正月には無くてはならないもののひとつとして、おせち料理があります。

おせち料理と言えば、過去なら手作をするということが多かったのですが、近年は注文をする人が増えています。注文をする人の事情としましては、作る時間が無いというものと、手作りでは難しい様々な料理を楽しみたいというものです。おせち料理は、以前なら和風のものが主流でした。

そもそも和料理ということもあり、料理は和風の味付けがされたものが多かったのです。しかし、食生活が欧米化していくにつれ、おせち料理も和テイストだけでは物足りないという人も多く現れました。1年に1度の行事なのだから、和洋折衷様々な料理を食して楽しみたいという人が増えてきたのです。

和洋折衷の料理がニーズとして大きな割合を占めるようになって、以前なら料亭などが主として調理し提供してきましたが、近年は料亭のみならず、欧米資本のホテルも参入してきました。このように、様々な料亭やホテルなどが参入することによって、競争が激しくなり、より質の高いものが提供されるようになりました。

質の向上だけでなく、バリエーションも豊富になってきたのです。消費者は様々な料理を楽しむことが出来るようになりました。このように、おせち料理は日本人の食文化の変化によって、その内容も時代と共に変化してきました。

和のテイストを基調としながらも、欧米や中華のテイストも取り入れるのが、現在のトレンドと言えます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です