Skip to content

おせち料理の意味と詰め方の解説

お正月に食べるお祝い料理のおせちは、元旦などの節日を祝うために神様にお供えし食べた物を【御節共】と呼ばれていたものと言われています。

本来はお正月だけのものではなかったようですが、一年の節日で一番大切なお正月に振舞われた料理だったので、お正月に食べる料理とされました。もともとは収穫物に感謝の意を込めて、収穫したものをお供えしていたようですが、現在では主婦を正月三が日の家事から解放するという意味で、保存のきく食材が中心となりました。

おせちは、めでたさを重ねるという意味合いで重箱に詰められ各段毎に素材や料理が異なります。基本は四段重ねですが今では殆どの家庭で三段重ねが用いられています。一番上にくる一の重には、祝い肴と口取りを詰めます。

祝い肴としては、縁起物としてニシンの子である数の子は卵の数が多いことから子孫繁栄を願う意味で使用します。口取りは酒の肴になる甘めの料理で、田作りや紅白かまぼこ、伊達巻、昆布巻きなどを詰めます。

真ん中の段の二の重には、縁起の良い海の幸を中心に焼き物を詰めていきます。ぶりなどの出世魚やめでたいに繋がる鯛などを使用します。一番下の三の重には煮物など山の幸を中心に詰めます。

将来の見通しがきくようにとの願いの穴があいている蓮根や根をはり代々続くことの願いを込めたごぼうなどが中心となります。四段にする場合には、日持ちのするよう酢の物などが詰められます。最近では、購入することも多くなったおせちなので、洋風な物や中華風のものなど嗜好に合わせて購入し好きなもので正月を祝う家庭も増えてきました。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です